>  > マイケル・ニュートン Part 17 死の瞬間は自由と喜びを感じる 英文と日本語訳

マイケル・ニュートン Part 17 死の瞬間は自由と喜びを感じる 英文と日本語訳

下は、私が投稿した、日本語字幕を付きのマイケル・ニュートン博士のインタビュー動画です。

英文と和訳は次の通りです。(この動画の和訳は字幕用に簡略化したものです。以下はより詳しく訳したものです。)

[Question] How does it feel to die?
[質問] 死ぬ時、どのように感じますか?

[Answer] my clients describe death as something it is very very beautiful for them
[回答] 私の患者は、死を何かとても美しいものとして表現します

the trauma that has just gone before is pretty much wiped out at the moment of death
以前に受けたトラウマは、死の瞬間にほとんど一掃されます

they rise out of their bodies they realize that they're an immortal being
魂は肉体の外に出て、自分が不死の存在であることに気づきます

“oh my god, I'm not dead” is a statement I hear quite often
「ああ、私は死んでいない」という言葉をよく耳にします

and they look back at their bodies
そして魂は自分の肉体を振り返って、

and of course all of their memories, of all of who they are as souls and all their past lives come crashing in
もちろん魂の全ての記憶や、自分が誰であるか、さらに前世までの記憶を全て思い出します

and they realize that this life they have just lived is transitory not that they can't feel sadness for the husband and wife who is at their bedside for example or a child
彼らが生きてきたこの人生は、はかないものですが、枕元にいる例えば夫や妻、子どもに対して、悲しみを感じない訳ではありません

but souls don't feel sadness the same way human beings do
しかし、魂は人間と同じような悲しみを感じません

because they're immortal beings
なぜなら魂は不死の存在であり、

they understand that they will soon be joined by these folks they've left behind
後に残した人たちとすぐに再会することを理解しているからです

and I can tell you this that most people feel two things they feel freedom and they feel joy at the moment of death
そして死の瞬間、ほとんどの魂は「自由」と「喜び」といった2つのことを感じています

なお、英文は文字起こしされたものを使用しています。

また、私の翻訳能力は低いので、間違いがあれば、ユーチューブのコメント欄で教えてください。