>  > マイケル・ニュートン Part 07 魂にはレベルがある 英文と日本語訳

マイケル・ニュートン Part 07 魂にはレベルがある 英文と日本語訳

下は、私が投稿した、日本語字幕を付きのマイケル・ニュートン博士のインタビュー動画です。

英文と和訳は次の通りです。(この動画の和訳は字幕用に簡略化したものです。以下はより詳しく訳したものです。)

[Question] Are there young and old souls?
[質問] 魂には若い魂や古い魂もありますか?

[Answer] this idea of very old Souls and very young souls can be confusing
[回答]この発想は混乱を招くでしょうが、

and let me explain
説明します

why you might be an old soul in the sense that you've been around since the Stone Age
石器時代からずっと存在してきたという意味で、あなたは古い魂かもしれません

but you might not have learned your lessons very well or very quickly
しかし、あなたはレッスンをあまり上手に、とても迅速に学んでいなかったかもしれません

so you might be maybe going from a beginner to an intermediate as opposed to a more advanced soul
その場合、あなたは初級から中級に上がるかもしれませんが、より高度な魂にはなれません

simply because you need more time and more lives to do the work that you need to do
なぜなら成長するには、単により多くの時間と転生が必要だからです

I've had other people who have had souls that have progressed very rapidly
一方、非常に急速に進歩した魂を持つ患者もいました

I had one lady who in 4000 years of incarnations on earth
例えば地球に転生して計4000年を過ごした1人の女性患者がいました

which is not a long time move from the beginner level up to almost intermediate which is very very fast
それは長い期間ではありませんが、初級レベルからほぼ中級レベルまで、とても速い進歩しました

so the reason that I can tell this is by the auras they project in the spirit world
そう言える理由は、霊界(死後の世界の一部)で投影されるオーラの色で判断できるからです

and these usually these colors have really no relation to the auras that people who have that ability on earth can see around us
たいてい、オーラの色は、地上で私たちの周りにいる超能力者のオーラとは全く関係ありません

and from the colors of their energy
彼らのオーラの色から

I can determine the advancement of the soul
私は魂の進歩の度合いを判断することができます

this took a long long time to discover this
これを知るのにとても多くの時間がかかりました

and all the other things that we're talking about today
今日お話している他の全ての疑問のために

I had to piece together this puzzle
私はこの疑問を組み立てる必要がありました

it did not all come to me in a rush for that lady I spoke about earlier who is my first case in life between lives
それは先ほど紹介した、中間生(中間生=死後の世界)を知るきっかけとなった、最初の事例の女性のために急いで作った理論ではありません

I had to work very hard
私はとても一生懸命取り組む必要がありましたが、

because people don't volunteer information in order to get the information that I have written about it took many many years
とても長い時間をかけ、自ら執筆して情報を収集し、人にはその情報を教えないようにしたからです

and I just like to say to that I tried to keep my work unbiased
私が言いたいことは、偏りがないように努めたことです

and when I talked to you about people like guides and the council and so forth
私がガイドや評議会の人々について話した時は、

I asked people “what do you see” “not do you see” so-and-so
患者に「何が見えるか」「見えないか」などを質問します

so that regardless of how many cases have gone before, the client I'm working with now
現在治療している患者は、以前から調査していた事例の量に関係なく、

the material seems fresh to them
その質問が目新しいようです

I ask open-ended questions
私が延々と質問するため

so that they will come to me with the answers that they're going to frame in their own minds
患者は自分の頭の中で答えを導いて私に伝えるでしょう

and one of them is as I said that's a very important, one is what we've just talked about is there counsel
私が言ったようにそれらの情報の1つは非常に重要であり、今話した評議会のことです

because they really do want to talk to me about these beings and what they mean to them
患者は長老らの存在について、そして彼らが何を意味するのかについて私にとても話したいのです。

なお、英文は文字起こしされたものを使用しています。

また、私の翻訳能力は低いので、間違いがあれば、ユーチューブのコメント欄で教えてください。