>  > マイケル・ニュートン Part 06 死後の世界で裁かれることはない 英文と日本語訳

マイケル・ニュートン Part 06 死後の世界で裁かれることはない 英文と日本語訳

下は、私が投稿した、日本語字幕を付きのマイケル・ニュートン博士のインタビュー動画です。

英文と和訳は次の通りです。(この動画の和訳は字幕用に簡略化したものです。以下はより詳しく訳したものです。)

[Question] What is a tribunal or judgement?
[質問] 私たちは霊界で裁かれますか?

[Answer] let me describe to you
[回答]皆さんに伝えたいことがあります

where I think some people get an idea of a tribunal and this might be filtering down through their subconscious mind
私の考えるところ、人によっては霊界(死後の世界)には裁きがあるという考えが浮かぶでしょうが、これは彼らの潜在意識でフィルタリングされているかもしれません

we do go before our Council of what I call elders, wise beings they've been called the old ones, the sacred ones there's lots of different names
霊界では、たくさんの異なる名前がありますが、長老、賢人、聖人と呼ばれている人で構成する評議会の前に、私たちは立ちます

these are very advanced beings who review the life just live
彼らはとても進歩した魂であり、今生きてきた私たちの生涯を見直すのです

our guides do this when we first cross over
私たちのガイドは私たちが初めて死んだ時、このようにします

they talk to us in the privacy of a very quiet setting
まず、彼らはプライバシーが保たれた非常に静かな環境の中で、私たちに話しかけます

and so we can kind of unwind and get re-energized
そのため、私たちはくつろぐことができ、元気を取り戻せるのです

and then we usually go into our home if you will our place in the spirit world where we belong
それから、霊界で私たちが属する場所にいるときは、私たちはたいてい故郷に行きます

and we can talk about that in a few minutes
それについては後ほどお話しましょう

but what I'd like to tell you now is the tribunal’s concept
私が今あなたたちに伝えたいのは裁きの概念です

that I then I hear a lot about people worried that they might be halt or in front of demonic judges and made to account for all their sins
悪魔の裁判官の前に止められ、これまで犯した罪を裁かれるかもしれない、と悩む人々について何度も聞きます

these wise beings are more advanced teachers
賢人たちは、非常に進歩した指導者で、

they rank if you will even above our guides in terms of knowledge, understanding and experience
知識、理解、経験という観点で、私たちのガイドより上に位置づけられています

what generally I find happens is that our guides accompany as to a very quiet serene area where these beings will talk to us
私の研究では、たいてい起きることは、私たちのガイドが賢人たちと私たちが話せる、非常に静かで穏やかな場所に付き添ってくれることです

now I'd like to point out that I have had clients who have had only three of these elders in front of them and some as many as 10 or 12
私が指摘したいのは、魂の前に長老たちが3人だけ現れる事例がありますが、何人かの魂には10人または12人もの多くの長老が現れたことです

really depends on the individual what spirit group they're located and in terms of how advanced they are and so forth
彼らが位置するスピリットグループや、彼らの進歩の度合いなどに応じて、実際は個人によって異なります

these beings will question them in a very gentle way about
これらの存在たちはとても優しい方法で彼らにこう質問します

how you as the person who has just died conducted your last life and how you feel about how well you did or where you had failings and where there were shortcomings
「あなたは最期をどのように過ごしたか?」「自分がした良いこと、失敗したところ、欠点があったところをどのように感じるか?」

and they would also like to talk to you about your successes
彼らはあなたの成功についても話そうとします

so it's a very gentle process
それはとても穏やかなプロセスであり、

and it's one that everyone experiences between lives after every life
人生ごとの中間生(死後の世界)で誰もが経験することです

and sometimes people will go before them again before their next life in order to review the few of the life to come
時々、人々は来世の一部を見直すために、来世に行く前に、長老たちの前に再び行きます

 

but essentially what they are very wise understanding beings who will really review with us where we made our mistakes and how we can do better in our next life
しかし基本的に、長老はとても良い理解者であり、間違いを犯したところや、来世でどうすればもっとうまくできるかを私たちと一緒に見直します

なお、英文は文字起こしされたものを使用しています。

また、私の翻訳能力は低いので、間違いがあれば、ユーチューブのコメント欄で教えてください。