>  > マイケル・ニュートン Part 05 地獄は存在しない 英文と日本語訳

マイケル・ニュートン Part 05 地獄は存在しない 英文と日本語訳

下は、私が投稿した、日本語字幕を付きのマイケル・ニュートン博士のインタビュー動画です。

英文と和訳は次の通りです。(この動画の和訳は字幕用に簡略化したものです。以下はより詳しく訳したものです。)

[Question] Is there a hell?
[質問] 地獄はありますか?

[Answer] no one that I have ever went in hypnosis has ever seen any demonic figures or hell of any kind
[回答]私が今まで催眠状態にさせた患者の中に、悪魔の姿や地獄を見た人は1人もいません

we have heard this from some people who have had near-death experiences not many a few
一方、臨死体験をした人の中に、多くはありませんが、数人から地獄ついて聞いたことがあります

my feeling of that is that those folks who claimed that they were they they could hear screaming, demons dragging them before, a tribunal of some kind for a judgement and so forth
叫び声を聞いたり、悪魔が彼らを引きずったり、ある種の裁きがある、などを主張する人々に対する私の考えは、

and all these things that there are very religious in overtones in terms of fostering fear are simply not in the minds of my clients
これら全てのものは、恐れを助長するという点で宗教色の強いものであり、私の患者には全く心当たりがありません

when someone with a near-death experience says that they thought that's what they experienced
臨死体験をした人がその体験で思ったことを言う時、

my feeling is that their conscious mind is coming into this in terms of preconditioning
私が感じるのは、彼らの意識は以前から蓄積された知識によって作られたものだということです

because remember these people are not in hypnosis they've just been hit by a car or they're on an operating table bleeding to death
と言うのも、臨死体験者は車にひかれたり、手術台の上で出血死しそうであり、催眠状態ではない、ということを思い出して下さい

there's all sorts of things going on in their physical bodies in the case of trauma
トラウマとなったケースでは、肉体の中で様々なことが起こっています

and so what has happened here in my view is that their conscious mind is on overload
したがって私の見解では、臨死体験で起こっていることは、彼らの意識に負荷がかかりすぎており、

and all of those fears and anxieties that they have had in their walking around state about life after death is coming back to haunt them
死後の世界を体験して得た、全ての恐れと不安が反映したものです

they are not describing what really exists in terms of being taken in front of demons and being punished and so forth
よって悪魔の前に連れて行かれるとか、裁かれるとかなど、彼らは実際に起きていることを説明できません

there're bright lights and tunnels are real
ただ、明るい光やトンネルは事実です

but when they start getting into a lot of things that concern them in terms of their conscious fears
しかしながら、彼らが意識的な恐れの観点から、私的なことに多くのことを入れ始める時、

I suspect reconditioning
私は意識の再調整が行われたことを疑います

my clients tell me that the spirit world is a place of love forgiveness and kindness that regardless of what they have done on earth in terms of wrongdoing
私の患者たちはこう述べます 「この世でどんな悪いことをしたとしても、霊界では愛の許しと思いやりを受けます」

if we could use evil and wrongdoing here, as perhaps the reasons why someone might be sent into an area that maybe looks like hell
私たちがこの世で悪いことをしても、誰かが地獄のような場所に送られるような理由があっても、

this just doesn't happen according to my clients
私の患者たちによれば、何も起きません

they are taken in fact to an area of isolation where they are given orientation sessions
実際には、彼らは孤立した場所に連れて行かれますが、そこにはオリエンテーションの時間があります

in terms of what it is that they did and why they did it
その時間は、彼らがしたことはどのようなものか、なぜそれをしたのか、について振り返ります

there's some energy reshaping going on
そこでは、エネルギーの再形成が進行しています

I explained in the book “journey of souls” about this process
私はこの過程を著書「人生はなんのためにあるのか」で説明しましたが、

and I just would like to say that these people generally who have committed evil will probably of their own volition come back as victims in their next lives
私が言いたいのは、悪いことをした人々はたいてい、自らの意志によって、来世で犠牲者の立場として生まれてくるということです

they will volunteer for those assignments
彼らはそれらの任務を志願するのです

so no the spirit world is not a place of terror and fear
ですから、霊界は恐れに満ちたところではありません

なお、英文は文字起こしされたものを使用しています。

また、私の翻訳能力は低いので、間違いがあれば、ユーチューブのコメント欄で教えてください。